ADSLからNURO光に乗り換えるタイミング

ADSLからNURO光に乗り換えるタイミング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ADSLを利用している方から、NURO光に乗り換えるタイミングを知りたいとの問い合わせがありました。

 

契約者数が年々減り続けているとは言え、ADSLの利用者はまだまだ多いです。

 

ここではADSLの利用者がNURO光に乗り換えるタイミングについてご説明します。

 

解除料が発生しない月がタイミング

契約書類

 

携帯電話に違約金があるように、固定回線にもプランの契約期間中に解約すると、数千円〜数万円の契約解除料が発生します。

 

これからお世話になる乗り換え先に支払うお金ならまだしも、もうサヨナラするサービスに何万円もの違約金を支払うなんてバカらしいですよね。

 

なので、ADSLに限らず、回線系サービスの乗り換えをする時は、必ず今契約しているサービスで契約解除料が発生しないかどうかを確認するようにしてください。

 

解除料の有無を確認する方法は、契約しているADSLによって異なりますが、ネットよりも、サービスを提供している会社に電話で直接問い合わせたほうが手っ取り早く確実なので、私は電話での確認をおすすめしています。

 

フレッツADSL

【電話番号】0120-116116
【受付時間】9時〜17時
土日祝日も営業(※年末年始を除く)

 

ヤフーBB ADSL

【電話番号】186+0800-1111-820
【受付時間】10時〜19時

 

186は相手に自分の電話番号を通知する番号です。

 

※どちらも2016年10月時点の番号です。

 

 

ADSLからNURO光に乗り換えるメリットはあるの?

一番のメリットは、通信速度が大幅に向上し、動画閲覧や検索、ショッピングなど、インターネットのあらゆることが快適にこなせるようになることです。(パソコンが古い場合を除きます)

 

光から光だと、違いを実感しにくいですが、ADSLから光に乗り換えると、インターネットに詳しくない方でもその差を実感できるかと思います。

 

ただ、その分料金もADSLより少し高くなるので、維持費の安さを最優先に考える方は、NURO光に乗り換えず、ADSLを継続した方がいいでしょう。

 

しかしながら、光が高すぎるのは昔の話で、最近は光も価格競争でだいぶ安くなってきています。ADSLからの乗り換えでも、信じられないほど維持費が高くなるようなことはまずありません。

 

例えば、NURO光の場合は、戸建てタイプで月額4,743円(税抜)が基本です。

 

これに月額500円の光電話を追加しても、税込み6千円以内に収まるので、スマホの携帯料金で一台数千円を支払ってることを考えたら、光でこの料金は結構頑張ってるほうだと思います。

 

感じ方次第ですね。

 

この料金が高く感じればADSLが適してますし、そう感じなければ、NURO光が適してる可能性もある。

 

料金以外は、ADSLより光の方が遥かに優れていますからね。

 

ADSLが無くなる可能性は?

総務省

 

総務省が発表した2016年3月時点のデータだと、FTTH(光回線)の契約数は2787万件あるのに対し、DSL(ADSLやVDSL)は320万件程度です。

 

契約数の推移を見ても、6年前から右肩上がりの光回線に対し、DSLは右肩下がりで年々契約数が減少し続けています。

 

FTTH(光回線)

DSL(ADSLやVDSL)

10年3月

1,780

974

11年3月

2,022

820

12年3月

2,230

670

13年3月

2,385

542

14年3月

2,531

447

15年3月

2,661

375

15年6月

2,704

358

15年9月

2,729

344

15年12月

2,758

332

16年3月

2,787

320

(単位:万)

 

今すぐに無くなることはないでしょうが、これ以上ADSLの契約数が減り続けたら、場合によってはADSL自体が無くなってしまう可能性も十分にあります。

 

この手のサービスは、一度乗り換えたら最低二年は継続して使うのが基本です。ネットの評判が良かったらではなく、自分自身がちゃんと納得してから乗り換えましょう。

 

>>NURO光の評判はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加