私がauひかりを捨てNURO光を選んだ理由

私がauひかりを捨てNURO光を選んだ理由

このエントリーをはてなブックマークに追加   

私は今でこそNURO光を利用していますが、元々はauひかりユーザーでもありました。

 

なぜ大手のauひかりを捨て、当時マイナーだったNURO光をわざわざ選んだのか。ここではその理由について述べていきます。

 

初めに私が今まで契約してきた光回線について簡単に説明しておきます。

 

フレッツ光(〜2010)
↓ *携帯がauだったので引越しついでにauひかりに乗り換える。
auひかり(2010〜2012)
↓ *引越し先がauひかりのエリア提供外。フレッツ光に戻る。
フレッツ光(2012〜2014)
↓ *またお引越し。auひかりの提供エリア内だったが、あえてNURO光を選択。
NURO光(2014〜)

 

NURO光を選んだ理由

元々auひかりに不満があったわけではございません。むしろ満足度は非常に高かったくらいです。

 

それなのになぜNURO光に乗り換えたのか。それは以下に挙げる2つの点でauひかりを上回っていたからです。

 

ソフトバンクユーザーに嬉しい割引があったから

auにスマートバリューがあるように、NURO光もソフトバンクと提携して同社の利用者向けに似たようなセット割引を行っています。

 

>>ソフトバンクの特権!NURO光の利用でスマホ料金が安くなるぞ!

 

私も以前はスマホと固定回線の両方をauで契約しており、スマートバリューの割引対象でもあったので、auひかりを契約する恩恵を十分に受けていました。

 

しかし、フレッツ光を利用してた頃は既にauスマホを解約していたため、auひかりに乗り換えたところでスマートバリューの割引とかは一切受けられません。

 

スマートバリューが適用できればauひかりを選んでたかもしれませんが、できないなら無理にauひかりを選ばなくてもいいかな?と思ったわけです。

 

当時ソフトバンクユーザーだった私にとって、スマートバリュー同様の割引を受けられるのは願ったり叶ったりの好条件です。

 

今は格安SIMがあるので関係ないですが、キャリアぼろ儲け時代だった頃のセット割の存在は本当に大きかったと思います。(今もぼろ儲けではありますけども・・・w)

 

世界最速インターネットに惹かれたから

単純に世界最速という宣伝文句に惹かれたのも理由の一つです。

 

この手のサービスの大半は、理論値上の速度を記載してるのが普通ですが、NURO光みたいにここまで強気に世界最速を謳われると、疑いを通り越して逆に興味が湧いてくるんですよね。

 

もしこれで事業者が聞いたこともない会社だったら乗り換えるには至らなかったでしょうが、調べてみると、プロバイダで有名なソネットのサービスだと分かったので、そこからは割とすぐに申し込みの手続きを行ったのを憶えています。

 

料金の安さを理由に乗り換えてきた人も多いですが、私の場合は主にこの速度が乗り換えの決め手になりましたね。

 

料金に違いはないの?

  auひかり NURO光
ネット

戸:5,100円〜
マ:3,800円〜

戸:4,743円〜
マ:1,900円〜

ネット+光電話

戸:5,600円〜
マ:4,300円〜

戸:5,243円〜
マ:2,400円〜

 

戸=戸建て
マ=マンション

 

料金に関しては、どちらも大きな差はありません。NURO光の方が数百円安い程度の違いです。

 

NURO光の通常プランは戸建てのみと限定されてるわけじゃないので、建物が5階以下なら集合住宅でも戸建てと同じコースで契約することができます。

 

auひかりから乗り換える価値があるかどうか

個人的にauひかりはかなり安定していたと記憶しているので、今すぐにNURO光に乗り換える必要があるかと言うと微妙なところです。

 

今auひかりを利用していて、大きな不満やストレスがないなら、無理して乗り換える必要はないかもしれません。

 

ただ、契約の更新月が迫ってるなら、思い切って乗り換えてしまうのも選択肢としてはありだと思います。

 

>>NURO光の評判はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加