3年使って分かったNURO光のデメリット

3年使って分かったNURO光のデメリット

悩む人

光をNURO光に切り替えてもう3年が経ちました。今でもサービスに大きな不満はなく、基本的にはストレスフリーで毎日利用しています。

 

しかしながら、細かい点での欠点が全くないわけでもないので、今回は3年間使い続けて気づいたNURO光のデメリットをまとめます。

 

 

NURO光のデメリットは4つ!

目次

  • 料金が固定されているので、プランの見直しが難しい
  • 光でんわが意外と使わない
  • オンラインゲームのジャンルによっては有線接続が必須
  • 開通工事で外壁に穴を開けられる

 

料金が固定されているので、プランの見直しが難しい

売りである「シンプル」さ。これが逆にデメリットにもなっています。

 

プロバイダやオプションの組み合わせ次第で月額料金が大きく変動するフレッツ光とは異なり、NURO光では回線とプロバイダが全てソネットで統一されているため、フレッツ光のようにプロバイダだけ安い会社に変更といったことが一切できません。

 

自由度が低いんですよね。
言い方悪いですが、全てソネットが支配してる感じです。

 

フレッツ光なら、プロバイダをOCN(月額1,200円)からBBエキサイト(月額500円)に乗り換えるだけで、月額あたり700円、請求額を減らすことができます。

 

しかし、NURO光ではこれらの全てがソネット提供なので、組み合わせを変えて維持費を安くするといったことができません。

 

せいぜい出来るのは、光電話や追加機能などの有料オプションを外すことぐらいでしょう。

 

複雑だけど、組み合わせ次第では格安で維持できるフレッツ光。
シンプルだけど、組み合わせの変更ができないから料金が固定されるNURO光。

 

どちらも一長一短あるので、どちらが良いとかは一概には言えません。

 

光でんわが意外と使わない

私は固定電話は常に必要だと思ってるタイプの人間なので、当然、NURO光でもオプションの光でんわ(月額500円)に加入しています。

 

ただね。最近気づいたんですが、自宅の電話って意外と使わないんですよね。

 

いくら自宅の電話が安くても、スマホの通話プランがカケホーダイ(電話し放題かけ放題)なので、大抵の電話はスマホからしますし、かかってくる電話もほぼ全てスマホにかかってきます。

 

だから固定電話の必要性が感じられないんですよね正直。

 

ただ、おうち割光セットの適用条件に光でんわの加入があるので、ソフトバンク契約者の方にとっては、使わなくても加入した方が割り引き面で優遇されるので、加入しないことの方がデメリットになってしまうのです。

 

オンラインゲームのジャンルによっては有線接続が必須

NURO光はPINGも安定しているので、無線でも大抵のオンラインゲームは正常にプレイできます。

 

しかし、ジャンルによってはNURO光とは言えど無線では厳しいと感じることも多々ありました。

 

MMORPGのようなまったりしたゲームなら無線でも何ら問題はないのですが、FPSやアクション系の対戦型ゲームの場合だと無線が思ってた以上に大きなハンデになりますね。

 

もちろん無線でもプレイ自体は出来るのですが、やはり相手が有線接続だった場合、いくらNURO光でもこちらが無線な以上回線の応答速度の差で負けます。

 

特にFPSだとこの差が顕著に現れるので、勝敗に拘らずプレイするのであれば無線でも問題ありませんが、あなたが勝ち負けに拘る方であれば、NURO光でも有線で接続すべきということを覚えておいてください。

 

開通工事で外壁に穴を開けられる

 

穴と言っても何センチもあるでかい穴を貫通させるわけではありません。目立たない4ミリ程度の小さなを3カ所開けるだけです。

 

うちは古い家なので4ミリだろうと4センチだろうと壁に貫通する穴さえ開けられなければ全然構わないのですが、4ミリとは言え新築の家の壁に穴を開けるのは抵抗があるという方もいると思うのでこれもデメリットに挙げさせていただきました。

 

致命的なデメリットはない

ここまでいくつかデメリットについて書きましたが、サービスを利用する上において致命的となるような欠点はありませんでした。

 

深く考えてはみたんですけどね。「どこが不満なのか?」を考えても、基本光回線の不満って回線品質がほとんどなので、回線品質が売りのNURO光は本当にデメリットというデメリットがないのです。

 

ネット評判の期待値が高すぎて、実際に開通したら思ってたほどの結果ではなかったというパターンはよくありますけどね。

 

あまりハードルを上げすぎると、良い結果でも悪く感じてしまうので、ネット評判を調べるのもほどほどにすべきだと思います。


3万円のキャッシュバック特典