NURO光の開通にかかる初期費用はどれくらい?

NURO光の開通にかかる初期費用はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

光回線を乗り換えるにあたって、まず知っておきたいのが初期費用です。

 

月額料金や特典に気を取られ、初期費用を知らぬままサービスを契約してしまい、後々トラブルになったという話は多いです。こうならないためにも、初期費用として請求される額くらいは事前に把握しておきましょう。

 

このページでは、NURO光に乗り換えた際に発生する初期費用について説明しています。

 

※ここで言う初期費用は、ソネットの公式サイトで乗り換えた場合の金額です。

 

初期費用について

基本工事費用 40,000円
事務手数料 3,000円(初回だけ)

 

開通月は基本料金が全額割引されるので、初期費用としてかかるのは、回線工事にかかる4万円と契約の事務手数料の3,000円を合わせた43,000円+税ということになります。

 

「え?初月から43,000円もくるの?」と思うかもしれませんが安心してください。

 

工事費用の支払い方法を割賦にすれば、1,333円×30回で一ヶ月あたりの負担は1,333円程度になります。

 

「それでも結局4万円を払うことになる・・・」

 

実はこれにはカラクリというか、契約者が損しない仕組みがちゃんとあるのです。

 

「1,333円×30回」と聞くと、結局工事費として4万円を支払う必要があるように見えますが、実際はこれと同額の割引が30ヶ月間適用されるため実質的な支払いはほぼ0円になります。

 

工事費の支払い → +1,333円/月
月額料金割引 → −1,334円/月

 

月によって、1円の誤差はありますが、工事費分の支払いは割引によって相殺される仕組みになっているので、利用者が損することは絶対にありません。(短期間の解約を除く)

 

ただし、割引&支払いが完了する30ヶ月より前で止めてしまうと、割引は打ち切られ、工事費の残債だけが請求されるという悲惨なことになりますので注意が必要です。(要は30ヶ月以上使えば問題ない)

 

追加の工事費が発生する可能性もある

LAN配線 7,980円(二本目以降は一本3,000円)
TEL配線 7,980円(二本目以降は一本3,000円)
回線撤去 10,000円
土日祝日工事費 3,000円
機器損害金 11,000円

 

基本の初期費用43,000円に加え、ケースバイケースで追加の工事費が発生することがあります。

 

LAN配線:LANケーブルの配線を行います。
TEL配線:光電話の配線を行います。
回線撤去:配線の撤去費用です。
土日祝日工事費:休日は工事費が割増になります。
機器損害金:レンタルしている機器を破損した場合に発生します。

 

まとめ

初期費用は43,000円+税になりますが、工事費は実質0円(30ヶ月以上契約を継続した場合)なので、実際に請求としてくる初期費用は事務手数料の3,000円だけとなります。

 

また、光電話に加入した場合は、初期費用の他にユニバーサルサービス料や電話料金なども加算されるのでこれも頭に入れておきましょう。

 

NURO光の基本料金はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加