違約金負担なしでNURO光に乗り換える方法

違約金負担なしでNURO光に乗り換える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

光回線の乗り換えで厄介なのが違約金です。

 

違約金制度はユーザーが泣かせのぼろ儲けシステムです。

 

「二年以上は確実に契約してるから、いつ解約しても大丈夫だろう・・・。」

 

そう思っていたのに、実際に解約してみたら、普通に違約金が発生してしまった。

 

光回線に限らず、携帯の乗り換えとかでもこんな経験ありませんか?

 

ここでは、違約金負担なしでNURO光に乗り換える方法をご紹介しています。

 

代理店で契約する

パソコンをする人

 

違約金負担なしでNURO光に加入するには、ソネット公式ではなく代理店経由で申し込む必要があります。

 

ただこの場合、違約金が0円になるのではなく、あとで違約金分をキャッシュバックとして還元する仕組みになっているので、キャッシュバックが振り込まれるまでは契約者が違約金を立て替える形になります。

 

違約金負担には条件があることも

代理店にとっても、数万円の違約金を負担するのは大変なことです。

 

契約手続きの手間に加えて、キャッシュバックも支払う必要があり、それに加えてさらに違約金まで負担するのは会社の利益を削ることを意味します。

 

いくらNURO光の契約が取れても、会社が損をしては意味がありません。

 

そのため違約金を負担してる代理店の多くは、違約金の支払い上限を1〜3万円(2万円が多い)に設定しています。

 

ただ、最近はこれでも厳しいのか、費用の上限に加えて、会社指定のサービス(主にモバイルLTEルーター)への加入も条件となっているところが多いです。

 

違約金負担がなくなっても、それ以上にお金のかかるサービスを契約させられては意味がないので、違約金負担可の代理店があったら、まずは負担の適用条件から確認しましょう。

 

不要なオプション加入は一切なし、数万円のキャッシュバックが普通にもらえて、無条件で違約金を負担してくれる。

 

その会社の評判とかは抜きにして、この条件をクリアできれば、そこは間違いなくソネット公式よりもお得な代理店だと思います。

 

契約の更新月に乗り換える

カレンダー

 

一番の理想はこれでしょう。

 

契約の更新月に乗り換えることで、違約金を支払わずにサービスを解約することができます。

 

そして、肝心な更新月がいつなのかを確認する方法についてですが、これは自分で計算するよりも、実際に電話で問い合わせたほうが良いです。

 

というのも、更新月は契約しているサービスやプラン、そして会社によっても変わってきます。

 

もし間違えて計算してしまい、一ヶ月でもずれてしまったら、また二年間の契約更新になってしまいます。

 

そうならないために、更新月の確認はなるべく電話で問い合わせるようにしてください。

 

違約金の確認先はこちら

フレッツ光(東日本)

https://flets.com/first/kaiyaku/

フレッツ光(西日本)

http://flets-w.com/support/procedure/kaiyaku/chuuijikou.html

auひかり

http://www.au.kddi.com/support/internet/procedure/contract/cancel/study/02.html

コミュファ光

https://www.commufa.jp/step/continue/index.html

eo光

http://support.eonet.jp/inquiry/cancel/

ピカラ光

http://support.pikara.jp/service/change/cancel.html

 

電話での問い合わせ方法

オペレーター

 

電話で問い合わせろと言われても、何て言えばいいのか分からない方もいると思います。

 

今は何でもSNSやLINEの時代ですからね。

 

どのように問い合わせればいいのかが分からないという方も多いでしょう。

 

でも安心してください。

 

目的は相手の会話をするのではなく、「更新月」を確認するだけです。

 

なので相手が名乗ったら、

 

「今○○を契約してるんですけど、契約の更新月の確認をしたのですが大丈夫でしょうか?」

 

と伝えておきましょう。

 

あとはオペレーターの方が責任を持って調べてくれるので安心です。

 

契約書類も準備しておきましょう

契約者かどうか本人確認をされると思うので、電話するときは、事前に契約時の書類等を準備しておいてください。

 

何を確認されるか分からないので、会員IDや請求書、入会時の書類など、そのサービスに関係するものは全て机の上に置いてから電話をかけましょう。

 

違約金は契約者自身が負担するもの

契約

 

違約金をなるべく支払いたくない。その気持ちは痛いほどよく分かります。

 

ですが、違約金は契約を途中放棄した場合に発生するもので、最低契約期間を守れない以上、違約金を自分で支払うのは当然のことだと思います。

 

回線事業への参入が増えたこともあって、最近はどこもお客さんの取り合いで必死ですが、良すぎる条件には必ず何かあるということも頭の片隅に入れておきましょう。

 

NURO光の料金プランについて

このエントリーをはてなブックマークに追加