NURO光の2Gbpsは自社回線なの?

NURO光の2Gbpsは自社回線ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

NURO光はNTTが光コラボを解禁する前に誕生したサービスなので、回線も全て自社設備によるものだと思っている方も多いでしょう。

 

しかし残念ですが、NURO光のサービスは自社回線によるものではございません。

 

NTTの回線を借りて運営している

公衆電話

 

ソネットはダークファイバーと呼ばれるNTT(日本電信電話)が使用していない部分の回線を借りてサービスを運営しています。

 

ですが、借りたものをそのまま使用するだけでは、回線スペックもフレッツ光と全く同じものになってしまい、サービスとして差別化を図ることができません。

 

これではユーザーがわざわざフレッツ光からNURO光に乗り換えるメリットや意味がありませんよね。

 

なのでソネットは、GPON(通信規格)と呼ばれる伝送技術を採用し、通信速度の速さでフレッツ光との差別化を図ったのです。

 

素人ながら、ソネットの選択は正しかったと思います。

 

光コラボ解禁後料金の安さで競合してる光回線の業界で、NURO光だけが通信速度の速さで差別化に成功してますからね。

 

ちなみに同社の10ギガサービスでは、通信規格が従来のG-PONよりさらに高速なXG-PONを採用しており、こちらのサービススペックは下り最大10Gbpsの上り最大2.5Gbpsとなっています。

 

自社回線には莫大な資金と労力がかかる

セクターアンテナ

 

いくらソネットとは言え、光ファイバーの通信インフラ(光に必要な基盤のこと)から全てを自社で賄うのはまず不可能でしょう。

 

仮に可能だとしても、NTT規模のインフラ整備を行うには莫大な資金と労力がかかります。

 

具体的にいくらかかるのか見当もつきませんが、間違いなく数千億以上のお金はかかるでしょうね。

 

NTTにインフラという資産があるのは、NTTが民営化された特別な会社だからです。

 

ソネットほどの会社規模があったとしても、一般の企業が自社回線を持つのは容易なことではありません。

 

NURO光のために開発されたホームゲートウェイ

ホームゲートウェイ

 

NURO光が下り最大2Gbpsという驚異的な速度を実現した理由の一つにホームゲートウェイ(ONU)があります。

 

上の写真だと右の黒いやつですね。

 

これはNURO光用にメーカーとソネットの共同で作られた特別なホームゲートウェイです。

 

いくら局側が強力な回線でも、通過点となるホームゲートウェイがポンコツでは意味がありません。

 

ソネットから提供されるホームゲートウェイは全て、通信局から伝わる2Gbpsの通信速度をなるべく減速させないように作られており、NURO光のスピードテストでは、デバイス側の実測値でも高い結果を残すことができます。

 

エリアよりも速度重視の光ファイバー

私の勝手な想像ですけど、ソネットは提供エリアの拡大よりも既存エリアの通信速度の向上や安定性を重視しているように感じます。

 

提供エリアの拡大より先に10ギガサービスの開始ですからね。

 

逆立ちしたって、提供エリアでNURO光がフレッツ光を抜くことはできませんけど、それにしても、今の提供エリアは狭すぎます。

 

サービス開始3年以上経つんだから、せめて大阪と名古屋くらいは提供エリアとして拡大してもいいと思うんですけどねえ。

 

>>NURO光の実際の速度を測定してみました!

このエントリーをはてなブックマークに追加