なぜ安い?NURO光がサービスを安く提供できる理由

なぜ安い?NURO光がサービスを安く提供できる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加   

NURO光の料金はなぜ安いのでしょう。

 

スマホ回線の市場におけるMVNO(格安SIM)みたいに、先行している他社を圧倒するほど安いわけではありませんが、それでも同業他社の料金設定と比べるとだいぶ安いです。

 

世界最速だけでも十分魅力的であるのに、なぜ競合他社よりも安い料金でサービスを提供できるのか。

 

今回は、新規参入であるNURO光が、先行している他社よりも安くサービスを提供できる理由についてご説明します。

 

ダークファイバーを使用している

ソネットは、NTTのような自社の光回線を持っていません。ではなぜ回線がないのにNURO光のサービスが提供できるのか。

 

それは、NTT東日本の光回線を借りて、サービスを運営しているからです。

 

NTTは元々国営だったのが後に民営化された会社なので、資金もあれば自社の回線だって多く所有しています。回線には自社のサービスで使用している分も当然ありますが、中にはNTTが使っていない余っている回線もあるわけです。

 

この使用していない回線のことをダークファイバーと呼びます。ただ、このダークファイバーを借りて光サービスを運営するのって、ものすごくコストがかかるんですよね。

 

ソネット用の設備もNTTの局内に設置する必要があり、維持費もかかるのでやるからには契約者を多く取らないと利益が出ません。

 

世界最速という売りだけで契約者を伸ばすには限界があります。ましてや、光回線という市場は既に圧倒的なブランド力を誇るフレッツ光が支配しているのです。

 

この状況から契約者を増やすにはどうすればいいか。ブランド力でもエリアでも勝てないNURO光が契約者を伸ばすには、必然的に料金を安くせざるを得ないわけです。

 

プロバイダが一社しかない

選ぶプロバイダによって料金や品質が変わるフレッツ光に対し、NURO光はプロバイダを自社のソネット一社に絞っています。

 

プロバイダによって料金やサービスが変わると管理も大変ですし、それに伴う人件費のコストだって高くなりますよね。

 

その点、NURO光のプロバイダはソネットしかないので、管理もしやすく余計な人件費も削減できます。モノやサービスを買うときに、単品よりもセットで買った方がお得なのと同じですね。

 

安くしないと利用者がこない

理由1と同じです。速度が速いことは良いことなのですが、節約志向の強いこのご時勢、売りが速度だけでは中々契約者は増えないのでしょう。

 

一般の方はフレッツ光でも十分に満足していますからね。速度が遅すぎてフレッツ光に不満を持ってる人ももちろんいますが少数派です。

 

  • 普通に検索が出来ればいい
  • 普通にヤフーが見れればいい
  • 普通にYouTubeが見れればいい

 

日本人の大半は光回線をこの程度にしか思っていません。そんな状況下で、フレッツ光やauひかりからNURO光への乗り換えを促すには、やっぱり安さで勝負するしかありません。

 

多少安くても、契約者さえ増えれば、サービスは継続できる。ソネットはそう読んでいるのでしょう。

 

結局、なぜ安いの?

ダークファイバーを使用している
プロバイダが一社しかない
安くしないと利用者がこない

 

これは私個人の意見ですが、やっぱりソネットとしても、高くても利用者が集まるなら料金も高く設定してくると思います。しかしそれでは契約者が伸びないと判断したからこそ今の料金(月額4,743円〜)があるのでしょう。

 

実際、現行NURO光をさらにパワーアップさせた10ギガサービスは、最近実施されたサービスのリニューアルで月額料金が大幅にダウンしました。

 

勝手な想像ですけど、リニューアル前の10ギガサービスは、料金が高すぎて、ソネットが想定していてた以上に契約者が伸びなかったのだと思います。

 

 

NURO光の月額料金をチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加